バイオセンサの製造方法およびバイオセンサ

Biosensor and its production

Abstract

(57)【要約】 【課題】 製造ロット間での信号レベルのばらつきを大 幅に低減する。 【解決手段】 生理活性物質を含む溶液を作製した後で あって、製品として提供されるバイオセンサを製造する 前に、下地電極を覆うように少なくとも生理活性物質を 含む溶液を塗布し、乾燥させて塗膜を形成し、塗膜の膜 厚を測定して、少なくとも生理活性物質を含む溶液の塗 布量を決定し、その後は、決定された量の、少なくとも 生理活性物質を含む溶液を下地電極を覆うように塗布 し、乾燥させて塗膜を形成することにより製品として提 供されるバイオセンサを製造する。
PROBLEM TO BE SOLVED: To suppress fluctuation of signal level significantly among product lots. SOLUTION: After preparation of a solution containing a physiological active substance and before production of a biosensor, the solution containing a physiological active substance is applied to cover an underlying electrode and dried to form a coating. Thickness of the coating is then measured and the coating amount at least of the solution containing a physiological active substance is determined. Subsequently, a predetermined quantity of solution containing at least the physiological active substance is applied to cover the underlying electrode and dried to form a coating thus producing a biosensor.

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (1)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2007514460-AJune 07, 2007エフ ホフマン−ラ ロッシュ アクチェン ゲゼルシャフト増大した生物適合性を示すセンサー