ディスク装置診断システム

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ディスク装置に格納されたデータを別に格納 する同様のディスク装置を別に用意することなくオンラ イン状態のディスク装置を診断することのできるディス ク装置診断システムを実現する。 【解決手段】 ディスク装置13はオンラインディスク 診断装置12を介して保守運用装置11に接続されてお り、この装置11の扱うデータを格納している。ディス ク装置13はデータ格納領域22をN個に分割してお り、診断ポインタブロック21に格納したブロック番号 の領域を診断用ブロック領域24とし、診断を行う診断 対象ブロック領域25のデータをこれにコピーして、診 断対象ブロック領域25の読み書きの診断を行う。診断 後は診断対象ブロック領域25だった領域が診断用ブロ ック領域24となり、順にシフトして各ブロック領域の 診断が行われる。したがって、特別にディスク装置を用 意せずにオンラインで診断が可能になる。
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a disk device diagnostic system with which a disk device in on-line state can be diagnosed without separately preparing a similar disk device for separately storing data stored in that disk device. SOLUTION: A disk device 13 is connected through an on-line disk diagnostic device 12 to a maintenance operating device 11 and stores data to be handled by this device 11. The disk device 13 divides a data storage area 22 into N pieces of areas, the area of a block number stored in a diagnostic pointer block 21 is defined as a block area 24 for diagnosis and by copying data in a diagnostic object block area 25 to be diagnosed into this block area 24, the read/write of the diagnostic object block area 25 is diagnosed. After diagnosis, the diagnostic object block area 25 becomes the block area 24 for diagnosis and the respective block areas are diagnosed while being successively shifted. Therefore, the diagnosis in on-line state is enabled without especially preparing any disk device.

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle